A お疲れ解消スッキリなび

疲れなんてふっとばせ!

Monday, July 24, 2006

疲れはストレスから

疲れと一口に言っても、原因によって解消方法も様々。
自分の疲れのタイプを見極めて、ぴったりのやり方を探して下さい。
あなたのこれまでの疲れの取り方、間違ってはいませんか?

■体の疲れ
やっぱり栄養補給が一番!
疲れにくい状態とは、体内でのエネルギーを安定して生産できる状態にすること。
つまりブドウ糖など効率良くエネルギーになる栄養素と、ビタミンB群やアミノ酸、ミネラルなど、燃料を燃やしエネルギーを作り出す栄養素の両方が必要なのです。
ビタミンとアミノ酸パワーは、疲労を素早く回復もさせてくれます。走ったり、身体を動かした後には欠かせません。

■気力の疲れ
心を発散、ストレスを発散させましょう!
人間はストレスを感じると、悪玉コレステロールがたまって来て疲れやすくなってしまいます。
翌日を気にしなくてもいい日は、気の合う友だちとワイワイおしゃべりしながら飲むのもいい方法。
食事には、豚肉など疲労回復に有効的なビタミンB群豊富な食べ物を選んで。こんな日は、肝臓をしっかり守るサプリメントも上手に補っておきましょう。

■頭と心の疲れ
体の疲れが有効的につかいましょう!
ひたすらパソコンに向かう日々、勉強や仕事の疲れは、ただじっとリラックスしていても中々取れないもの。
また、人間関係や仕事上の難しい問題を抱えている時、いくら休日のんびり過ごしてもそこから来るだるさを取る事は出来ません。
そんな時は、逆に体を使って動いた方がスッキリ快適に過ごせます。
最初は動くのがおっくうだけど、掃除をしてみたり洗車をしたり、園芸を楽しんだり。
頭を使わない作業をしてみると、いつのまにか没頭していますよね。
また、一つの作業を達成した時に感じる爽快感が、あなたの心、そして体の疲れを吹っ飛ばしてくれるのです。

test1

test